定年待てないオヤジの日記

こころはもう、定年後の自由生活を夢見てる、オヤジの生活日記です。

映画鑑賞(バカ塗りの娘)



最近観て、面白かった作品です。




地味な作品です。これといった事柄が起きるわけでもないですが
割と好きな内容で面白かったです。
現実的な(ファンタジーではなく:どっちも必要と思いますが)
日常生活で、殻を破って一歩先へ進むというタイプの作品です。
津軽塗のことをバカ塗りというようです。バカみたいに何回も
何回も塗り重ねて、堅牢に仕上げるからのようです。



津軽塗はいろいろな技巧があって、映画の中でも美しい作品を
見ることができましたが、
最近TVニュースで国立のマンションの取り壊しのニュースを
何回も見る機会がありました。確かにマンションのせいで、
富士山が半分ほど見えなくなることがわかりましたが、
(やはり他に理由があるのではと思ってしまいますが)
個人的にまず思ったのは、あの景色の電線の多いことです。
夕方の写真を使っているせいもありますが、電線が無かったら
もっと本来の富士山の美しさが映えるのにという気持ちです。
そして小池知事の公約のむなしさです。あの道が都道かどうか
わかりませんし、すぐゼロになるとも思っていなかったですが、
当選したら一切触れることなくそれっきりには呆れます。

散策(町田:期待外れのカフェ)



昨日は用事があり町田に行ってきましたが、帰りに前から気になっていた
珈琲店に寄ってみました。



この本に載っているお店です。宮越屋珈琲町田店

お店の写真を忘れたので、本の写真になります。
町田駅南口の真ん前で、15時ごろ行きましたが、次から次とお客さんが
来店していました。

ここに来たかったのは、オーディオシステムの音に興味があったからです。
店内暗いので写りが良くありませんが、JBL4344(?)のスピーカーに
ラックスマンとマークレビンソンのアンプが本に載っていた通りありました。
しかしJBLはなっておらず(?)、たぶん他のスピーカーからわずかにジャズ
(有線かな)がなっているだけでした。

価格は高めで、コーヒー660円、チーズケーキ760円がセットで1130円
でした。コーヒーは美味しかったですが660円だからね・・当たり前かな。
チーズケーキは既製品の冷凍ものだと思います。
ちなみに自宅カフェでは、業務スーパーで買う冷凍チーズケーキ400円ほどを
5つに分けブルーベリージャムを添えて、1つ400円、コーヒーとのセットで
650円に設定しています。店の雰囲気、立地などまるっきり違うので比べよう
がないですが・・チーズケーキの味はそんなに変わらないと思います。

音はJBLではなく、カップの裏のスピーカーから流れていた気がします。

メニューにお代わりできます的なことが書いてあった(勝手に無料と思った)ので、
高めの設定だからやはりできるんだと思いお代わりしましたが、会計時に400円
請求されていることを知りました。きっとよく見なかったのでしょう。世の中そんな
に甘くない。(小さいことですいませんが)ちなみにこれも自宅カフェでは2杯目
以降は半額に設定しています。


ガッカリしたのはお店の雰囲気ではなくて、立派なオーディオシステムが
充分に活躍していないことです。宝の持ち腐れだと思いました。
もちろんお店の雰囲気向上には役立っているかもしれませんが、
「いい音が聴ける店」という本に載せるのは(社長はオーディオマニアの
ようですが)どうかなと思います。特に性能を生かして聴かせる音楽タイム
的なこともないようですし。


でも前から気になっていたことが確認できたという意味で満足しました。

散策(新宿~曙橋~四谷~御茶ノ水)



散策と言っても、基本は用事を済ませに行ったので、少し寄り道
をしたということです。




まず新宿でいつもの用事を済ませました。
今日は気温も上がり半袖でも汗をかくぐらいでした。


次に都営新宿線で曙橋へ
1,2年に1回行く用事を済ませました。
駅の向こうには、市ヶ谷の防衛省の電波塔が見えます。


ここからは寄り道ですが、曙橋からまた都営新宿で市ヶ谷へ行き、南北線に
乗り換えましたが、結構歩きました。こんなに歩いたかな・・
JRに乗り換えた方がよかった気もしますが、暑かったので地下でよかったかも・・
四谷でいつもの「いーぐる」に久しぶりに行ってみました。

パスタのランチで昼食です。

暑いのでアイスコーヒーにしました。
前はミルクピッチャーでしたが、市販品に変わっていました。なおかつ、必要か
聞かれます。
こんな都心のお店でも利便性や無駄(コスト)をなくすために変えているのか?
自宅カフェではほとんどお客さんも来ないし、当然市販品(常温で日持ちよし)
です。

確かいーぐるは、最初はロック喫茶だった気がしますが、そのせいか
フュージョン系がこの時間帯にはかかることが多い気がします。
その後珍しく(?)レコードが2枚(ハードバップ)かかりました。
それなりにパチパチ音があり、こんな有名店でもレコードは雑音が
入るんだと思い、何だか安心しました。
やはり音は歯切れがよく感じましたし、ドラムやベースも低温の音量
だけでなく、無駄に響かない感じです。
ただ前にも書きましたが、全体が聴けるようなスピーカーに対面して
いる席が一席しかなく、席を多く作るための営業上の問題かもしれま
せんがその点が残念です。自宅カフェはすべて対面です。(エラそう)


前回来た時の高校生らしき店員の方はまだいました。真面目に頑張っ
ていると思いますが、いつもレシートをくれないのはなぜだろう?
もらっても直捨てるので、別にいいですがお店の格が⤵と思います。
自宅カフェでさえ、当然きちんとお渡ししています。
金額が合わなくならないのか、税務署の方は来たりしないのか、
まさかボルドロ対策なのか、多分若い定員の方が重要に思っていない
のでしょう。店主(ジャズ界では有名です)は気が付かないのか?



その後御茶ノ水にも足を延ばしましたが、四谷駅でホームに降りたら
電車が来ていたので、飛び乗ったらなんと、逆方向の新宿方面行に
乗ってしまいました。快速なので新宿まで行ってしまい、もう帰ろうか
とも思いましたが、気を取り直し(ホームが隣で移動が面倒でしたが)
御茶ノ水へ行き、いつものレコード店へ行きました。


お店用にこういうポスターが欲しいな~と思いつつ・・


ピアノトリオと女性ボーカルのCDを数枚購入しました。


今度久しぶりに近くのジャズクラブへ行ってみようとも思っています。
学生の頃に何度か行きましたが、いまだに営業しているのは大したもの
だと思います。
ただ性格的にのらなくてはいけない雰囲気になるとちょっと気が引けます。