定年待てないオヤジの日記

こころはもう、定年後の自由生活を夢見てる、オヤジの生活日記です。

伊豆大島(椿まつり)②

ホテルでの昼食後、三原山頂口へ移動しました。

眼下には、朝到着した元町港が見える。
島からは視界が良ければ、富士山、三浦・伊豆・房総半島がみえるらしい。

大島公園へ。

あんこ姿の女性たちが、踊りでお迎え。
「あんこ」はもともと年上の女性という意味で、娘さんという意味は
含まなかったらしい。「姉っこ」が変化して「あんこ」になったとのこと。

町営なのか、なかなか立派だった。

白い花も。

桜の花(白)も咲いていた。

蕾。

資料館では、色々な種類の椿の生花が展示されていた。

3時半ごろ、元町港よりまたジェット船で竹芝へ。

帰りは少し波が出ていた。

東京湾にもどり、レインボウブリッジを通過する。


日帰りなので、党内の観光は約5時間ほどで、少々せわしいところも
ありましたが、大自然の中に身をおくという感じで気分がよかったです。
トレッキングや釣り姿の方も多く見かけました。



伊豆大島(椿まつり)へ

伊豆大島へ日帰り観光で行ってきました。
学生時代に神津島と、20年ほど前に仕事で年2回
噴火前の三宅島へ数年間行きましたが、
(当時は三宅島は、羽田からYS11で40分ほどでした。
でも天候でよく欠航した記憶があります。飛び立っても
降りられないこともあり、地元の方の話では、自衛隊出身
のパイロットのほうが、少々天候がわるくても着陸する
とのことでした。一度、飛行機が欠航となり、7~8時間
かけてフェリーで帰ってきたのも、今となってはよい
思い出です。)
大島は初めてです。



新橋から「ゆりかもめ」で東京港竹芝桟橋へ。

大島までは東海汽船の高速ジェット船で約2時間。

大島元町港へ到着。

観光バスで「椿花ガーデン」というところへ行く。

民営の施設で、入口で太鼓をたたいて迎えてた人が社長さんらしい。

三原山7合目のホテルで昼食。豪華ではないが美味しかった。

ホテルから三原山を見る。



音楽鑑賞(ラ・ラ・ランド)

予告編が面白かったので、見に行ってきました。
ハッピーマンデ―(1,100円)のためか、春休み
になったのか、平日でも賑わっていました。



今までそれほど多くミュージカル映画を見たわけではないが、
面白そうといっても『シェルブールの雨傘』ほどではなかろうと
思って見たが、なんともそれに迫る楽曲や内容だった。
一度も退屈せず約2時間を見切った。(少し後半うまくいき過ぎる
気もしたが)あとは、好みの問題だと思った。


最後は、シェルブールの雨傘もそうだが、恋人同士はせつなくも、
別の人生を歩く(思い出を抱きしめて)という王道の展開が、
映画に大きな余韻を残した。


今まで見たアメリカ映画では、『ローマの休日』が最高と思って
いたが(ふるいが)、だいぶせまっている気がした。


余談だが、主人公の愛車がプリウスだった(トヨタが協賛しているのか)
のと、予告編に、撮影し終わっていたのであろう、先日引退した、
清水富美加さんが映画の宣伝をしていた。



映画館に入った時は、曇り空でしたが、終わって外へ出ると青空に
かわっており、映画同様にいい気分になって帰りました。


帰りの新百合ヶ丘駅。