定年待てないオヤジの日記

こころはもう、定年後の自由生活を夢見てる、オヤジの生活日記です。

音楽鑑賞(ジャズ)

先日買った中古CDを聴いてみました。


①ウェス・モンゴメリー=インクレディブル・ジャズ・ギター


ずばぬけて印象に残る曲はありませんが、ブルージーな曲、
ファンキーな曲、ラテンな曲とあり、ウェス独特のやさしい音色の、
本格的ですが全体的にリラックスした雰囲気の楽しいアルバムです。
1960年NYC録音


②ベニー・ウォレス=プレイズ・モンク


たまにはと、ヨーロッパ(ドイツ)のレーベル(エンヤ)を
買ってみましたが、見事に好みではありませんでした。
1曲目から、フリージャズっぽい雰囲気があり、良さも少し感じる
ものの、メロディアスではなく(やっぱりメロディアスな部分が
ある曲が好みです)、今のところまた聴く気にはなりそうも
ないです。 
1981年録音

朝の散歩と読書(銀河鉄道の夜 他)

数日は、台風接近の影響で、涼しい日が続きましたが
今日からまた、暑さが戻ったようです。


この花はまだ頑張って咲いてます。

だいぶ実ってきました。

珈琲店でひと休み。

まだ朝なのに、だいぶ疲れた様子の近所の猫です。



宮沢賢治のドラマを見て、興味がわき読んでみました。


①銀河鉄道の夜
ジョバンニが夢でカンパネルラと銀河鉄道で夜空を旅する話ですが、
列車に乗っているのは、亡くなった人のようで、
夢から覚めたジョバンニは、カンパネルラが友達を助けようとして
川で亡くなったことを知ります。


②双子の星
空で銀笛をふく、チュンセ童子とポウセ童子のお話です。


③よだかの星
大人が読める童話であることを理解しました。


④カイロ団長
あまがえるがかわいかった(ユーモラス)です。


⑤黄色のトマト
博物館のお話しです。


⑥ひのきとひなげし
きれいになりたいために、騙されてしまうお話です。


⑦シグナルとシグナレス
鉄道の電信柱や信号灯から話(ラブロマンス的)を作るのが
すごいと思います。本当に星が大好きなんだなと思います。


⑧マリヴロンと少女
「正しく清くはたらくひとは、ひとつの大きな芸術を
 時間のうしろにつくるのです。」という言葉が印象的でした。


⑨オツベルと象
善良な白象がかわいらしい。


⑩猫の事務所
人間社会(子供も)にも通じる話でした。


⑪セロ弾きのゴーシュ
教科書に載ってた気がします。セロ=チェロだと知りませんでした。
一生懸命セロを弾くことで動物たちの病気が治るお話です。


もう歳で、純粋な気持ちがあまりないのでしょう、絵本のように
挿絵がある本だとわかりやすい気がしました。





飲み会(新宿)

昨日は、猛暑日になりましたが、夕方から飲み会に出かけました。


新宿西口でした。

外国人観光客らしいグループも最近よく見かけます。

今日も、飲んだ時の座席指定にしましたが、後部展望座席で
おもしろかったです。

代々木上原駅通過

成城学園前駅通過

多摩川を渡って。

登戸駅通過


夜になっても、少し蒸し暑いなか無事帰宅しました。