定年待てないオヤジの日記

こころはもう、定年後の自由生活を夢見てる、オヤジの生活日記です。

飲み会(新宿)と音楽喫茶

昨日は、新宿で用事を済ませた後、夕方から元同僚
(いつもと違うグループ)との飲み会がありました。


夕方まで時間が空いたので、2件音楽喫茶に行ってみました。


①マイルストーン
 高田馬場駅近くのビルの1Fです。

店内は明るく、JBLのスピーカーからは程よい音量で、
50~60年代と思われるジャズが流れていました。

右側の壁一面の本棚には、ジャズをはじめとして多くの本が
並んでおり、西洋人形なども飾られていました。(?)


店主の方(和服でした)も含めて、お客さんはほぼ高齢の方でした。


②ネルケン
 高円寺へ移動し、名曲喫茶のネルケンへ行ってみました。
駅南口から5分ほどの、アーケード街からわきへ入った
お寺のすぐ近くです。

店内は山小屋風で、席が絶妙に衝立で区切られており、
すごく落ち着きます。


音も良く、交響曲というよりバロック的な、聞いたことがある
ような協奏曲的なものがかかっており、落ち着いた雰囲気です。

場所なのか、お客さんも多く、20~30代の方が多かったり、
外国人の方も来てました。
70~80代と思われる品のある女性の方が一人で切り盛りされてます。
また行ってみたいお店です。


時間になったので、新宿に移動し、飲み会に参加しました。
場所は思い出横丁(昔はションベン横丁と言っていたと思います。)
にあるお店でした。


終わってから、飲んだ時のいつもの座席指定で帰りました。





音楽鑑賞 ジャズ

今日は午前中、町内の美化清掃と高圧洗浄機で自宅外壁等の
クリーニングを行い疲れました。


午後は、久し振りにジャズのレコードを聴きました。


①J.J.ジョンソン(トロンボーン)=ジ・エミネント
 ブルーノート 1505番
 1953~1954年録音とのこと。落ち着いて聴ける1枚です。
 B面1曲目(JAY)が特に好きです。
 いまさらながら、昔のブルーノート盤にはずれはないと思いました。



②サラ・ヴォーン(ボーカル)=ウィズ・クリフォード・ブラウン
 A面1曲目(ララバイ・オブ・バードランド)をはじめて
 聞いたときは衝撃的でした。
 温かみのある歌声とアドリブが最高です。


③日野皓正(コルネット)=トランス・ブルー
 あることも忘れていましたが、最近ニュースになったので、
 引っ張り出して聴いてみました。
 ウイズ・ストリングスなので、少しイメージとは違い、
 BGM的なところもありますが、思っていたよりはよかったです。



映画鑑賞(フェイク・ライフ、二重生活)

だいぶ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。
木々の葉も、少しずつ色づいてきました。


最近観た映画で、面白かった作品です。


①フェイク・ライフ -顔のない男ー

実際には、この作品のように他人に成りすますのは、無理な気が
します。主人公がいつばれてもおかしくない行動をとるので、
ハラハラしました。
最後は意外にも、危機を乗り越え、成りすませてしまうラストでした。


②二重生活(2016)

最初の尾行に失敗し、次の尾行対象に教授を選んだところが、
おもしろいと思いました。
最後に教授はどうなったのか。自殺したのか。画面が暗くて、
よくわかりませんでした。


日本映画によくある、声が小さかったりして、何を言っているのか
わからないなどは、やめてほしいといつも思っています。
でも中々、面白い作品でした。